イベント

2016年2月22日 (月)

サイクリング屋久島2016

160222

昨日の2月21日(日)、今年も「サイクリング屋久島」が開催された。

前日は大荒れの天気で、海の便はすべて欠航。
50名ほどの参加者が来島できなかったものの、大会当日は、打って変って晴天に恵まれ、330人ほどが早春の屋久島を駆け抜けた。

160222_02

島内参加者も多く、僕のガイド仲間も数多く100キロコースに参加。屋久島メッセンジャー直営店前をなんとも楽しそうに走り抜けていく。

マイバイクを何年も眠らせている僕は、沿道で応援しているといつもカラダがうずくのだが、我が屋久島メッセンジャーは、大会を少しでも盛り上げようと、第1回大会からブース出店をさせてもらっているため、どうしても仕事で出場することができない。

160222_03

それでも、東京でのサラリーマン時代からこの手の大会には仕事で携わっていたこともあり、大会会場にいるだけでワクワクするのだ。

昨年は、日本山岳ガイド協会の資格試験と重なってしまい出店を断念。今回は2年振りの出店となり、久しぶりに「現場」の空気を楽しんだ。

全員がゴールし、夕方5時から後夜祭が始まると、いつか参加してやろうと思いつつ、店を閉めて会場を後にしたのだった……。

160222_04

2014年4月 1日 (火)

「日本百名山一筆書き」スタート!

140401 日本のトップアドベンチャーレースチーム「イーストウインド」の田中陽希選手による、壮大なプロジェクトへの挑戦がはじまった。

なんと、日本百名山を屋久島から利尻島まで、約8,000kmという距離を7ヶ月ほどかけてノンストップで踏破するという「日本百名山一筆書き」なるプロジェクトだ。

しかも、海もシーカヤックで移動するという、まさしくアドベンチャーレーサーならではの挑戦といえる。

140401_2 2014年 4月1日午前0時、安房漁港をスタート。約7ヶ月にわたる壮大な旅がはじまった。

実は、彼の所属するチーム「イーストウインド」は、僕がスポーツウェアメーカーで働いていたサラリーマン時代にお世話になったアドベンチャーレースチーム。

当時、「イーストウインド」のメンバーの一人で僕の友人でもある佐藤佳幸氏から相談され、撮影のサポートを頼まれたのだが、さすがにトップアスリートのペースについていけるはずもなく、悔しい思いを抱きつつ潔く辞退。現役トレイルランナーにしてガイドの友人に今回の業務を託し、僕は微力ながら「コーディネート」という形でサポートさせてもらった。

僕にとって「イーストウインド」をはじめとするアドベンチャーレーサーたちは、今も大切な「仲間」だと勝手に思っているだけに、心から応援したい。

頑張れ! 田中陽希さん!

2014年2月20日 (木)

サイクリング屋久島2014

140220
今年で4回目を迎え、もはや恒例となりつつある「サイクリング屋久島」が、先週の日曜日に開催された。

屋久島メッセンジャーも大会を盛り上げようと、第1回大会から出店。

すっかりおなじみとなった(?)ものの、この仕事をしている以上、僕は競技に出場できないという現実がつきまとう。

140220_2
それはそれとして、我々は例年通り、今年も「前夜祭」から参加選手を迎えるべく店を構えた。

140220_3
今年のゲストは、元モーニング娘。の吉澤ひとみさん。

大会前日に予定より遅れて屋久島入りし、屋久島のゆるキャラ「まるりん」らと一緒に前夜祭を盛り上げてくれたが、この日は関東甲信越地方が大雪に見舞われた日。

羽田からのフライトが軒並み欠航するなど交通機関が乱れ、選手や関係者など、屋久島に入れなかった人も多くいた。

大会当日、屋久島地方は幸いにも好天に恵まれた。

朝7時に島の南部・尾之間(おのあいだ)をスタートすると、8時過ぎには島の東部、屋久島メッセンジャー直営店前を続々と選手たちが通過。

140220_4
当社のガイドスタッフも快調に走り抜けていった。

140220_5
昨年も選手をサポートしてくれたMAVICカー。やっぱりカッコよかった。

140220_6
そしてトップの選手は、雲ひとつない青空の下、壮観なモッチョム岳をバックに13時前にゴール。
今年も冬の一大イベントが幕を閉じた。

選手の皆さん、大変お疲れさまでした!
来年もまた、お待ちしております!

2013年2月21日 (木)

サイクリング屋久島2013

130220
この前の日曜日、今年で3回目となる「サイクリング屋久島」が開催された。世界遺産の屋久島を自転車で一周する、ある意味贅沢なイベントだ。

130220_2
屋久島メッセンジャーも地元スポーツアパレルメーカーとして、少しでも大会を盛り上げようと、一昨年、昨年に引き続き今年も出店させてもらった。

スタート&ゴール会場は、これまでの宮之浦(みやのうら)から打って変って、冬は穏やかで暖かい尾之間(おのあいだ)に変更。開催3回目にしてようやく天候にも恵まれ、大会当日はサイクリング日和となった。

130220_3
今年のゲストは、芸能界屈指の自転車男、安田大サーカスの団長安田さん。ブレイク寸前の(?)屋久島のゆるキャラ、「まるりん」と一緒に前夜祭を盛り上げてくださった。

130220_4
前夜祭では大抽選会も行われ、屋久島メッセンジャーも賞品協賛させてもらった。果たして誰に当たったのだろうか……。

130220_5
なんと、団長安田さんをサポートする、ツール・ド・フランスなどでもお馴染みのMAVICのサポートカーが屋久島に上陸。筆者が最も興奮したのが、実はコレ。

130220_6
スタートから1時間ほどで、選手が続々と屋久島メッセンジャー直営店前を通過。

130220_7
一瞬、月光仮面かと思いきや、ニワトリだった……。

130220_8
参加選手の中で断然カッコよかったのが、なんと、自転車ロードレースの元プロレーサー、山本雅道選手率いる「TEAM MASAMICHI」。山本選手の奥様であり、元バレーボール日本代表の益子直美さんも参加し、全員そろってゴール。一般参加だったらしく、あまり表に出られてはいなかったものの、並々ならぬ存在感を放っていた。

大会会場にいると、毎年僕も出場したくなるのだが、来年もやっぱり仕事なんだろうなぁ。
まあ、それはそれで、あの雰囲気は好きなのだが……。

2011年4月28日 (木)

屋久島メッセンジャーでアロマオイルマッサージ!?

来る5月3日(火)、5月16日(月)に「屋久島メッセンジャー」と「em」がコラボレーション!

「em」とは個人で島内を出張して、アロマセラピートリートメントをしているMaiさんの活動社名です。

「アロマセラピートリートメントって何?」と思う方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと素敵な香りに包まれながらマッサージをしてもらうことなんです!ヽ(´▽`)/
本日私が代表して、ちょっとだけ体験させていただきましたので、どんな流れなのかご説明致します!

①ハーブコーディアルという生姜とトウガラシの入った飲み物を頂きながら、簡単なカウンセリングを受けます。ハーブコーディアルは飲むとお腹の中から温まって血行が良くなります。

②その日の体調・気分・好みに合わせて自分に合ったオイルを2~3種類選びます。コースによって必要な方はお着替えをします。

③フットバス(永田で作られた塩を溶かしたお湯にくるぶしあたりまで浸かって、足のマッサージ)←これがとっても気持良い♪

④セサミオイルに好みの精油をブレンドしたオリジナルオイルで希望箇所を丁寧にマッサージ。

⑤オイルを付けた場所を濡れ布巾で軽く拭き取ります。

⑥着替えて水分補給(野葡萄・ヨモギ・グァバ・柿の葉などをブレンドしたお茶)をします。

終わりですo(*^▽^*)o

ちなみに私が受けたコースは腕と手で、選んだエッセンシャルオイルは「ローズマリーとラベンダー、ジャスミン」です。スーッと鼻から通って気持ち良くなるいい香りでした♪仕事中でなければ確実に眠っていたと思います(´~`)。゜○
施術後は手がツルツルピカピカ(*´ェ`*)夕方になってもほんのりと手からアロマの香りがします。

Img_1725

※当日はカーテンを引くので全身施術の方も恥ずかしくないですよ!

Maiさんは小柄でかわいらしい方なのですが、マッサージも適度な力加減でとっても気持がよかったです。マッサージを受けている間、オイルの効果やコリ具合とその箇所からどういう体質なのか説明してくださいます。普段の生活では嗅ぐことのない素敵な香りに包まれながら、疲れを癒すのに最適だと思います!もっと早く体験していればよかった!と本当に思いました!私はかなりこのアロマセラピーにハマったみたいなので、今後も疲れた時はお願いしようと思っています!

ちょっと癒されたい方、アロマが好きな方、プチ贅沢をしたい方、オススメです!
ぜひこの機会にアロマセラピートリートメント、一度受けてみられませんか?ヽ(´▽`)/

時:5月3日・16日(AM10:00~PM18:00)
場所:屋久島メッセンジャー中庭(小瀬田)

※アロマテラピーは医療行為ではありません。
※妊娠中の方はおひかえください。

110428

2011年3月28日 (月)

「2012サイクリング屋久島」が早くも始動!

本年の2月20日に行われた第1回目となる「2011サイクリング屋久島」の様子は、当ブログでもレポート致しましたが、本日早くも第2回目となる来年に向けての広報用の撮影のため、大会マスコットの「セキノコ」と、主催者である「サンケイスポーツ」の方々が来店されました。

今年の大会はあいにくの雨で、個人的には参加者のこのイベントに対する印象が心配だったのですが、店舗に来ていただいた参加者の方々に感想を聞いたところ、皆さんが口を揃えて、「コース上の景色も綺麗だし、スタッフのサポートや屋久島の方々のもてなしがすごく良かった。」ということをおっしゃっていて、中には「来年も開催されれば、また来ます!」と力強く言っていた方なんかもいて、ホッとするとともに、わずかながらでもこのイベントに関われた事を嬉しく思いました。
そしてそんな好評を受け、「2012サイクリング屋久島」が早くも始動!

今日の撮影は「大会マスコットのセキノコが寄り道をして当店でお買い物」という設定だったのですが、一体何を買ってくれたのか?・・・それは今後の「サイクリング屋久島」のサイトをぜひチェックしてみて下さい。

来年は初開催となった今年以上に素晴らしい大会となることは間違いないはず。興味のある方は今後の「2012サイクリング屋久島」の展開にご注目を!
そしてぜひともこの素晴らしい屋久島の自然の中でサイクリングをエンジョイしに来て下さい!!

1103283
写真はサイクリング屋久島の広報車と大会マスコットキャラクター「セキノコ」と当店店長
(左端にはちゃっかり映っている当店のマスコット?キャラクター「クロンボちゃん」)

2011年2月20日 (日)

雨中のサイクリング屋久島

110220 朝から雨の降りしきる中、選手たちは6時45分に宮之浦の火之上山埠頭をスタートした。

スタート地点から屋久島メッセンジャー直営店までは約15km、時間にして30分前後だろうと予測。僕たちスタッフも応援しようと、ショップの前で選手が来るのを待ち続けた。

110220_2 そして7時半ごろ、トップの選手が姿を現すと、続々と選手たちがやってきた。なかには当ショップをエイドステーション的に利用する選手もいて、ちょっぴりお役に立てたようで嬉しく思った。

110220_3 その後、スタート・フィニッシュ会場に向かい、昨日に引き続き出店。

110220_4 準備を整え、ひと息ついた12時を過ぎたころ、早くもトップの選手がゴール。その後も次々と選手たちが帰ってきた。

110220_5 昔は僕もこうしたイベントに参加したものだが、あの独特な雰囲気に懐かしさを感じた。

来年は参加したいと思いつつも、少しでも大会を盛り上げるため、やっぱり仕事しないといけないよなぁ……と、葛藤に苦しむのだった。

参加した選手の皆さん、雨の中、本当にお疲れさまでした。
ぜひまた、来年もご参加ください! もちろん、当ショップを非公式のエイドステーションとして開放しますよ。

2011年2月19日 (土)

サイクリング屋久島に出店!

110219 明日、待ちに待った「2011サイクリング屋久島」が開催される。

今日は朝から冷たい雨が降りしきる中、宮之浦にある屋久島離島開発総合センターで参加者受付と前夜際が行われた。

110219_2 受付会場の入口横で、サンケイスポーツと共同で屋久島メッセンジャーも店を構えたが、冬に逆戻りしたような寒い一日だった。

予報では明日も雨。しかも風が強まりそうだ。

選手の皆さんにとっては、厳しいレースとなりそうだが、くれぐれも事故のないように頑張って欲しい。ご健闘を祈ります!